人気ブログランキング |

生駒ドラゴンズ

ikodora.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 07日

『あすか野ファイターズ創立40周年記念大会』に参加させて頂きました。

『あすか野ファイターズ40周年記念大会』に参加させて頂きました。
あすか野ファイターズさん、40周年おめでとうございます。今後も生駒市の良きライバルとして切磋琢磨させて頂きたいと願っております。

前日の雨上がりという事もあり4月にしては少し肌寒い天候だったが、全30チーム強のトーナメント戦で、北大和グランドは色取り取りのユニフォームと熱気に包まれていた。
b0296154_20501469.jpg

イコドラは、先陣を切っての第1試合。相手は田原本の平野パイレーツさん。
普段の連携プレーの成果が引き立って目の当たりににできた試合であった。

回表先取点は取られたが、裏の攻撃ではナツキの痛烈なレフト前ヒットから流れをすぐさまに取り戻した。
b0296154_22440955.jpg
そしてコウスケの綺麗なセンター前ヒットとナツキの走塁。
b0296154_22443479.jpg
得点の機会は作れたがチームプレーの僅かな判断の綻びにより同点には出来なかった。
しかし明らかに流れはイコドラに引き寄せる事が出来たのは選手達の勝ちへの執着心の成長である。

3回、先頭打者出塁から2・3塁のピンチを迎えるもタカリョウがショートごろに打ち取った。
b0296154_22494276.jpg
ショート コウスケが3塁ランナーを意識してからファースト カナリュウへ。
カナリュウもアウトを取った後にすぐ様にホーム返球し、ナツキのキャッチングでホームゲッツーと綺麗な守備連携が決まった。
普段の細かな連携プレーの練習成果を見せてくれた。
b0296154_22490503.jpg
代走として1塁に出塁した都築は、再三の牽制を受けながらも盗塁を試み、惜しくもアウトとなり本人の悔しそうな顔つきは我々にも痛いほど伝わった。
b0296154_22431715.jpg
その後、流れを取り戻すフウトのレフト前のクリーンヒット。
シュウタロウの鋭いショートゴロの間、フウトの同点帰塁。
5年生コンビの息が合っていた。
b0296154_22534080.jpg
b0296154_22535996.jpg

タイブレークでは、キャッチャーのナツキが冷静なプレーを行い難しい場面でのダブルプレーを決めた。
ランナー2・3塁での3本間挟殺プレー。
3塁に追い詰めた両ランナーを見事に3塁ランナーの専有権を理解して2塁ランナーをタッチアウトにした後、相手の3塁ランナーがうっかりアウトと思い込み塁を離れたところをタッチアウトをアピール。

理解していても冷静さを保ちプレー出来たのは、高橋コーチ始め普段から徹底的に体でも理解出来るようにして貰っている成果である。

試合は、残念ながら細かな判断ミスの積み重ねにより僅差での敗退。守備でもあと少し早い判断が必要であった場面も幾つか見られた。

試合後の監督から選手たちへの振り返りで、判断ミスでの敗退について選手たちが失敗を引き摺る事なく、前向きな反省材料と出来るように指導して下さった。
b0296154_21330800.jpg
選手たちには、明日からまた次の1戦に向けて貪欲にチーム作りをして行けるよう、取り組んで貰いたい。
まだ始まったばかりの6年生主体チームだか、彼らの時間は我々大人が考えるよりずっと早く流れ、そして彼らも時を急ぐ様に成長している。



by ikodora150 | 2018-04-07 20:45 | Aチーム


<< 生駒ドラゴンズ体験会(いこドラ...      Aチーム 『夢にときめけ、明日... >>